―PHYSICAL B(フィジカルB)を買う前にチェック!―

PHYSICAL B(フィジカルB)を使用して

背が伸びる子 、背が伸びない子、その違いはどこに?!

 

PHYSICAL B(フィジカルB)で背が伸びる子、背が伸びない子、その違いはどこに?!                

 

 

一日たった一杯で、成長に必要な栄養素を確実に摂取し、ぐんぐん背が伸びる。

他社にはない、栄養のバランスを重視した着眼点で話題の「PHYSICAL B(フィジカルB)」!

 

子供の成長サプリメントは世に多く出回っていますが、中でもママニックは有名ですね。

特に、毎日が忙しく「栄養を考えた食事が作れていない」「子供の偏食」に悩んでいる

お母さんには支持を得ています。

 

・国連やNASAに注目される、栄養豊富なスピルリナ配合

・カルシウムや難消化性デキストリンなどサポート成分で成長促進!

 

単にカルシウムを摂取する、というサプリメントと異なり

「成長に必要な栄養素を、以下に成長に結びつけるか」という視点で作られています。

愛飲者からは

 

「体格が良くなって、バスケの試合で勝てました!」

「背がスラっとなって自信もつきました!」

「今まで飲んだ成長サプリの中でも、一番美味しい!背も伸びました!」

 

と大絶賛。

 

正しい成長を促すなら、PHYSICAL B(フィジカルB)を飲ませてみようかなと

視野に入れているお母さんも、多いかもしれませんね。

 

ですが、

これだけは先にお伝えしておくべきでは、と思うのでお知らせします。

 

PHYSICAL B(フィジカルB)を毎日飲んでも

 

・PHYSICAL B(フィジカルB)で背が伸びない子

・PHYSICAL B(フィジカルB)で思うような結果が出ない子

 

という子供が、存在するみたいなんです。

つまり

・PHYSICAL B(フィジカルB)の効果が出来ない子

 

と言う事です。

 

・・・

 

PHYSICAL B(フィジカルB)は、他社製品と比べても、その結果を比べると

非常に優れた成長ドリンクです。

これまでの成長ドリンクとは内容も、その美味しさも違う商品です。

 

すくすくと健康で成長する為に手に入れる為に絶対欠かせないのは、

バランス良く栄養素が配合され、しかもその栄養素をしっかりと吸収する事。

 

どんなに良い栄養素を摂取しても、吸収する事が出来なければ飲んでいないのと同じです。

またカルシウムなどの特定栄養素に特化して摂取しても、成長にはつながりません。

 

しかも栄養素はチームで働いています。何かが欠けても、効果は期待できません。

最高の成長を促すには、バランスの良い栄養素が必要なのです。

 

PHYSICAL B(フィジカルB)は、数ある成長ドリンクの中でも、

バランスの良い栄養素が、身体の隅々まで行き渡るように考えて作られているのです。

 

そのために必要な消化吸収率は、なんと95%。摂取した栄養素のほとんどが、

子供の体の中で、しっかりと活躍してくれます。

 

PHYSICAL B(フィジカルB)に含まれる栄養成分は、難消化性デキストリンのお蔭で

栄養の消化吸収を助けます。

また酸化マグネシウムは非常にカルシウムと相性が良いため、

汗で流れやすいカルシウムの働きを調整してくれるのです。

 

成長に必要な栄養素をゴールデンバランスで配合 + 高い消化吸収率

 

これが、他の成長ドリンクでは真似することが出来ない、

PHYSICAL B(フィジカルB)ならではの特徴です。

 

ですが、

 

そんなPHYSICAL B(フィジカルB)を飲んでも、背が伸びない子供がいます。

PHYSICAL B(フィジカルB)をいくら毎日飲んでも、効果を実感出来ない子供がいます。

 

それが

 

・寝不足の子供=成長ホルモンの分泌が不足している子供

 

です。

 

うまく成長せず悩んでいる子供は、殆どの場合、寝不足であるという事実をご存知ですか。

 

眠っている間に、様々なホルモンが分泌されます。

骨や筋肉の成長を担う成長ホルモンに含まれ、これは睡眠の前半部分で分泌されるのです。

しかも「睡眠が最も深い徐波睡眠時」に最も大量に分泌されることが知られています。

 

徐波睡眠は、就寝後2~3時間程度で訪れますが、分泌される成長ホルモンは

骨を大きくし、身体の損傷を修復したり脂肪を分解する働きを持っているのです。

 

ところが、睡眠不足の子供は、この成長ホルモンがうまく分泌しません。

太りやすく、疲れやすい為日中の運動量が少なくなり、

ますます骨の成長が妨げられます。

 

睡眠不足による、成長の阻害の連鎖です。

 

この状態が続き、慢性的な成長ホルモン不足が続くことで

 

 

直接、骨の成長が不足するだけではなく、骨量が少ないもろい骨になる

 免疫力が低下し、疲れやすく太りやすくなる

 イライラがつのり生活習慣が乱れ、より成長を阻害する

 

 

残念ですが、このような子にPHYSICAL B(フィジカルB)は効きません

 

・塾や夜遅くまでゲームをしていて睡眠不足

・原因が分からない体調不良により、成長の負の連鎖に陥る

 

PHYSICAL B(フィジカルB)に効果がないのではなく、

PHYSICAL B(フィジカルB)の効果を実感できないのです。

 

なぜなら、

 

PHYSICAL B(フィジカルB)で成長の為の栄養が豊富に摂取できているのに

睡眠不足によって、栄養素の働きが阻害されているからです。

 

 

確かに、

 

PHYSICAL B(フィジカルB)には、素晴らしい栄養バランスによって、

骨を始めとする子供の成長をしっかりと促す効果があります。

栄養状態が満たされていれば、体内で上手く機能し、健康的に成長するからです。

 

・緑黄色野菜と比べても栄養素が高いスピルリナ配合

・消化吸収率95%

・難消化性デキストリン・酸化マグネシウム配合

 

という三つの特徴で、背が伸びる身体となるはずです。しかも

美味しいので続けられる=栄養素を確実に摂取できる

という仕組みが出来上がっているのです。

 

 

 

 

 

ですが、

 

PHYSICAL B(フィジカルB)はあくまでも、

栄養素を効率よく摂取し、成長を促すものです。

あくまでも、普段の食事では難しい栄養素を成長に生かすために摂取するものです。

 

睡眠不足による成長ホルモンの分泌不足は、普段の生活リズムの問題です。

 

睡眠不足は、成長ホルモンの不足を引き起こすだけではなく、心も不安定になります。

大脳の発達が遅れ、記憶力の低下、忘れ物やイライラが多く叱られる傾向が強くなります。

 

よく寝る子はよく育つ。昔から言われるこの言葉は

子供の心身を健康に成長させるためには、必要不可欠だと断言できます。

 

このように、睡眠が原因で成長が遅れている子供に、

いくら良い成長ドリンクを飲ませようと、健康に成長させるのは非常に難しいのです。

 

親として、理解しなければならない問題です。

 

・・・

 

 

もちろん、まだ成長ホルモンが成長に分泌されているのであれば

PHYSICAL B(フィジカルB)を飲むという行為で、健康な成長を促進出来るかもしれません。

 

ですが、

 

PHYSICAL B(フィジカルB)がいくら身体に良いといっても

睡眠不足で成長ホルモンが圧倒的に少ない子供には、

その効果が実感できないという現実です。

 

図で表すと、以下のようになります。

 

見てお分かりのように、

PHYSICAL B(フィジカルB)の効果も、睡眠不足に押されてしまうのです。

 

◎PHYSICAL B(フィジカルB)で背が伸びない子供

 

PHYSICAL B(フィジカルB)による成長効果⇒⇒⇒

←←←←←←←←成長ホルモン分泌の減少

 

◎PHYSICAL B(フィジカルB)で背が伸びる子供

 

PHYSICAL B(フィジカルB)による成長効果⇒⇒⇒

←栄養不足

 

・睡眠不足の子供

 

このような子供は、PHYSICAL B(フィジカルB)を使用すると同時に

生活習慣の見直しを行い、成長ホルモンをしっかり分泌させることが必要です。

 

最後にまとめます。

 

◎PHYSICAL B(フィジカルB)でが背が伸びない子供

 

・塾やゲームで、夜遅くまで寝ている

・寝ても眠りが浅い

・子供自身が、睡眠不足のデメリットに気付けていない

・睡眠が成長に不可欠だと行動を改めない

 

◎PHYSICAL B(フィジカルB)で背が伸びる子供

・生活習慣が整っている

・食事の面で、うまく成長できない

・よく運動し、よく寝ている

・他の成長ドリンクは不味くて続けられなかった、という子供

 

 

「PHYSICAL B(フィジカルB)」